自己紹介

プロフィール画像

はじめまして

セラピストの石床理恵です。

 

心理学に興味を持ったきっかけは、一冊の小説でした。

30歳の時にカウンセラー養成講座に通い始めて、

自分が思い描いていたカウンセラー像と実際のカウンセラーとのギャップに驚き、

かなり長い間、苦悩し、奮闘してきました。

 

かなり安易な動機で始めた学びは、自分の本質を知り、魂を揺さぶり、

本当の自分を取り戻す長く有意義な旅のスタートでした。

 

ある日、比較や判断を超えた先に、自由な自分が待っていました。

 

人のせいだとおもっていたことは、全て自分が自分の為に起こしている出来事だった。

そのお手伝いを、私に関わる全ての人が役割として担ってくれている。

 

そのことに、気が付くまでかなりの時間を費やしましたが、

それだけ大きな気づきを体験するため、私に必要だった。

 

十分に体験して、しっかりと自分に落とし込み、その知識と経験を誰かに還元する、

心地のいい循環を生み出す、カウンセラーという枠に囚われない、

広い意味でのセラピストを目指しています。

 

私の自慢のとりえは、辛さや苦しみを、ユーモアを通して軽く変換する能力があること。

 

無理に笑顔を創るとか、意識を逸らすという意味ではなく、

体感的に元の重たい質量も軽く変えられる。

 

苦しみと喜びは表裏一体。

苦しみの中にも喜びはあり、喜びの中にも苦しみはある。

 

その本質に気づき、苦しみを和らげるすべを持っているということです。

天性のひょうきん者はこんなところで活かされている(笑)。

 

そして、自分の強みでもある潜在意識(ハイヤーセルフ)jointを活かしたセッション、

妄想内科セッションを始めました。

 

今は、ありのままの自分で妄想の域を超えて常にハイヤーセルフと共に在り、

自分の中心を意識し、共にクライエント様の学びと成長、自立をサポートする、

センタリングセッションが、世界との循環を担う私の手段となります。

セッションをサポートするツールとして、設定糸かけ曼荼羅OSHO禅タロットを使っています。

 

気づき、学び、成長のプロセスを孤独に進めることは

とても不安で忍耐のいる困難なことです。

 

あなた自身の中から溢れる魂の願い、ハイヤーセルフからのメッセージを、

私のハイヤーセルフを通して伝えていくことが、私の役割であり循環

 

共に成長しながら、学びをサポートしていくことが、

私のセラピストとしての醍醐味であり、在り方です。