設定糸かけ曼荼羅 新メニューのお知らせ

こんにちわ。

今日から12月。
とうとう今年も、いや平成の時代も、残りひと月になりました。

ずっと調子の悪いPCからブログ更新するのは久々で、今日も調子の悪いままなんとなく使えてるので挑戦中(笑)
私は機械との相性が結構難しくて、昔から私の触るものはよく壊れます。
旦那さんから、クラッシャーりえとあだ名をつけられてます。

でも、家電とは相性がよくて電子レンジに至っては結婚してからずっと一緒。
洗濯機も本当は壊れてなかったけど、今年買い替えました。

壊れるときは予測無くぶっ壊れます。なにか最近調子悪い、、、とかもなく。
特に映像オーディオ関連は、いきなり壊れる。
数年前にエアコンの室外機が爆発したこともありました。

なので、日々対話を大切にすることにしています。
カーナビも褒めるとちゃんと近道を教えてくれるし(笑)
うちのはデータ古いし信用できなくてバカ呼ばわりしてたんですけど、
あるときから感謝を言葉にして褒めるようにしたら賢く素直になった。
思い込みなのかもしれませんが、私にとっては顕著な現実です。
なんにせよ、対話(声に出さなくても)は大切です。

そうそう、今回はこんなことを伝えようとしていたわけではなく。

春に新しいホームページを立ち上げ、自分のしたいことと真剣に向き合ってページを作成しました。SNSとのリンクもあり、今も沢山の方が訪れてくれています。
イベントで出張が増えたのも今年から。
高槻でお世話になったり、三田に呼んでいただいたり、
お店とのコラボイベントや、広島の季の村でもワークショップをさせていただいて、
フットワークの向上と自分の視野の広がりを感じました。
進化していったメニューがあれば、滞りを感じているメニューもあります。
個人セッションのお申込みは、今は受けていません。
なぜなら、「設定糸かけ曼荼羅」はある意味個人セッションのようなものだから。
設定糸掛け曼荼羅は、「設定」について自分で考えたり選択する事で内面を動かします。
私は、そこをより鮮明にに意識合わせしたり、ストレートに視点を合わせるサポートをしています。
それは、気づきを潜在意識から顕在意識に上げること。
自分の願いや成長に、深みをもって挑戦する姿勢を創ります。
設定を決めて言葉を文字にしてから、創作が始まります。
糸をかけながら設定への経緯を糸かけを通して体験する。
作品によっては3~7時間、その間の会話は個人セッションとほとんど変わりません。
自分の指針へ、瞑想に近い創作作業を通して向かうのを、私の感性と直感も駆使して取りこぼしの無いようサポートする。たわいもない会話からその方の思いもよらない課題が見えたり。作業中の会話は軽やかに深いです。

こんな感じで一気に内面が動いて、その後の気づきや変容が起こってくる確率が高いので、糸かけ曼荼羅ワークショップのリピート率も高いのかなと思う。
私のワークショップは、ただの手仕事の糸かけ曼荼羅とは違って内面を確実に動かし現実に繋げるものなので、かなりお得よね~と思ってましたが、ここにきてそれが自分を困らせるようになっています。仕事とプライベートの境界線が薄く感じられて、エンドレスでセッションが続いてしまう。なにか対応できないだろうかと考え、メニューを新たに増やすことにしました。

ワークショップ後に、作品へのご質問や、モヤモヤを解消したり、気づきを更に深めたい方に対して往復3回までのメール・ラインのやり取り、もしくは30分のプチセッション(電話)をオプションで選択してもらえるようにいたします。
ワークショップ参加日より、1か月以内のお申込みでお受けいたします。

今まで通り、糸かけ曼荼羅完成のご報告や、喜びのメッセージなどは遠慮なくお受けいたします。

  • メール・ライン往復3回 ¥500
  • 30分プチ個人セッション ¥3000
    追加10分毎に¥1000

「糸掛け曼荼羅制作」ご依頼も、来年頭にメニューとして作成致します。
春には陶芸作品の販売も考えています。

のこりすくない2018年も、たのしく学び成長していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です