社会人の時は9月って中間決算月やったなぁ

中秋の名月。

もう少しで満月。

空は曇りで月の影だけぼんやりと浮かぶ。
濁ってる石のブレスレットをベランダに置いた。
光が届かなくても、浄化はされるのかな。

2週連続の3連休。
もう少しで9月も終わる。正社員で働いていた頃、9月は中間決算月。半年を振り返り、収支をまとめる区切りの月でした。

 

私の春からの流れを思い返す。
さらに遡り、今年の始まりから反覆する。
新しく始まった事、やり遂げて終わった事。
手に入れたもの、手放したもの。
出逢いと別れ。

色んな事を経た今、私は生きている。

先を見たり、後ろを振り返って見たり、その度に心は揺れて心許ない。
どこに居ても、何をしてても、私は私でしか無く、今を生きている。

淡々と時間は過ぎて、身体は常に劣化して行くけど、劣化と同時に自分を大切に想う心も存在してる。

今に留まり、たまに振り返って、また今を確認する。経験を積んで、中身は深く広くなっている。

身体が在るからこそ体験出来る事を、人間として存分に楽しみたい。

現実的に、地に足つけた人生を進む。
常識の物差しで測る様な生き方じゃなく、時に道を外れたり足を踏み外したりもする。寄り道は日常茶飯事。私の場合、遠回りで楽しみが見つかる確率は高い。

喜びも、悲しみも、楽しみも、苦しみも、愛も憎しみも、全部の感覚、感情を認めながら私を生きる。そして、誰かのチカラになれるほどの余裕が私に出来たら更に幸せだな。

今日、糸掛曼荼羅ワークをサポートしながら感じた気持ち。

先週出来上がらなかった太極図を、自分のタイミングで少しづつ進めながら、最後の仕上げは一緒にと、今週も来てくれました。
創作しながらの会話や作品のエネルギーで私の中の統合も進んだ。

繋がってくれる人達を通して、私も共に成長してる。

自分を通して、他者を通して、見える世界を楽しんで行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です