春の食と癒しのコラボイベント

2019年最初の設定糸掛曼荼羅ワークショップイベントを、お雛祭り前日に開催しました。

場所は大阪日本橋、創作家庭料理四四さん。

一年前の4月4日にオープンした、私の妹のお店です。早いもので来月一周年を迎えます。

本当にここまで頑張られた事、素晴らしいなぁと心から思います。これからも自身の歓びを追求し、食を通して沢山の人に幸せを分かち合う彼女を応援して行きます。

 

コラボイベントは、今回で2度目。

前回は同じデザインをみんなで創作してもらう感じでしたが、今回はもう少し広げて、限られた何点かの作品から、それぞれにデザインを選択してもらいました。

初回の方が多かったので、皆さん基本サークル。基礎からしっかり取り組むのだなぁ。とか感じたり。何度目かの方の次のステージへの設定が楽しみだったり♪

継続してくれてると、前回からの経緯を聴くのも楽しみです。設定が進むと作品の印象も変わるし、そろそろ掛け替えのタイミングなのが分かる。

その度におめでとうと思う。ほっといても進む自分の人生だけど、意識を合わせると近道やラッキーアイテムに気が付ける。

その分、進化につながる速度が速くなるから、人生が面白いし生きやすいです。

設定糸掛曼荼羅は、自分への信頼とサポートを担っています。

設定は、皆さん考えて来てくれてて深まるのも割とすんなり。

作業もサクサクと進んで、美味しいランチをいただき、撮るの忘れたけどご好意でデザートまで食べた。

その後も時間ギリギリまで創作は続き、皆さん宿題にならずに完成されました☆

その後、残ったメンバーでしばらく飲んで、タロットカードの一枚引きを。

これまた有り得ない奇跡が✨

終始面白い1日でした。

参加してくれた皆さん、場所とご飯を提供してくれた志保りん、ありがとうございました。

 

今回のイベント準備の段階で、気がついた事がまた色々ありました。

場所によっては、全行程を体験してもらえなかったり、ご本人の希望で、釘打ちは私が事前にさせていただく事があります。

以前は板が誰に当たるか決めずに釘を打って行く感じだったけど、今回はその方の板を決めてから釘打ちしました。

決めずに打っても、その板それぞれの感覚が違うから、この板で糸かける人ってどんな設定にするんかな〜とか思ってた。

それが今回は限定されてるから、釘打ちがそのままその方の設定に繋がっていると分かる。

釘打ちの時点で、私が感じたメッセージをメモってお伝えしました。はじめは分からない内容のメッセージや体感、感覚も、設定が決まって創作が始まると、全部がそこに繋がって行く。

疑う余地もないこの現実。面白かった☆

今月末の広島でのイベントも、釘打ちを依頼されている方もいらっしゃる。

経験を積んで、更に深いサポートが出来る私に進化していきます☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です