尊重のステージを上げる

今日は久々に大雨。

お洗濯は明日に回して、朝から結構凝った朝ごはんを用意した。
先週から身体のことを考えてカロリーを抑えた食事にしてたから、
朝はヨーグルトとフルーツに、酵素ドリングを混ぜて食べてました。
でも、今日はしっかりとした食事を朝からしたかった。

栄養素やカロリーを考えながら食べ物を選ぶ。
ほんの一週間でも、ある程度内臓は治癒するのだなと今回思ってます。
まだしばらくは必要。
ってか、確実に機能が低下しているから、これからもできるだけ内臓に負担の無い
食事をしていく年齢になったと思います。
長生きがしたいのではないけど、できるだけ日々の生活に身体が負担を感じない生き方をしていきたい。
それには健康が必須です。

身体は、勝手に呼吸してくれてるけど、
知らぬ間に、栄養素を分解して吸収したり排泄したりしてくれてるけど、
当り前のことだけど、当り前と捉えず、幸せなことなのだと感じるのは自分が病気になった時で、
それも、生きている間に何度も何度も経験しては、また日常に紛れて流される。
何度目かに使用期限がやってくるけど、酷使している臓器は消耗も早い。
元々、与えられた時間はそれぞれに違ったりすることもあるのかもしれないけど、
大抵の人間の身体の寿命は決まってる。

外的要因に留まらず、内的要因ストレスとかも著しく臓器を刺激する。
外からも内からも、身体は攻撃を受けている。

私の場合は頭痛と胃痛は若いころからで、ずっと薬で抑えてました。
最近は我慢はしない。
出来るだけ早いタイミングで薬を飲む。
これは、我慢しすぎて薬が効かなくなってからでは遅い、意味がないよと医者に言われてからです。
薬を飲むなら早いタイミングで。我慢できるくらいなのはもう検討が付く。
この、微妙な痛みの違いも、究極我慢して得た体感です。
痛いの嫌だけど、実は痛みに強いらしい私です。
盲腸も、我慢しすぎて腹膜炎寸前でした。
出産時も、促進剤2本点滴しました。
生理痛もかなり酷かった。

身体が反応を出してくれてることって、意識したら昔から私は結構あったんです。
だけど、気にしなかった。お薬で治るし。って思ってた。手っ取り早いからね。
痛みが嫌なだけ。見えないところはもうわからないし。
痛みさえなければすぐに死んでもかまわないって考えです。
死ぬことの何が怖いって、私は断然痛みです。痛いのが嫌。
呼吸が苦しいとかも嫌。
手足が動かないのも辛いけど、痛いのと苦しいのよりはまだ頑張れる気がする。

今起こってない事だけど、ふと想像したり考えたり、
今の私は、健康で幸せだなと感じて嬉しくなったり。

お腹が空く。ご飯を美味しいと感じて食べられる。
スッキリ排泄できる。
空気が楽に肺に入って、吐き出せる。
心地よく眠れる。
生きていることが、素晴らしいな。

とか、本当に最近ふと感じるのです。
もう死ぬのか?そんな年なのか。。。?と、ちょっと笑えたり。

 

でもでも、欲もでますし、煩悩は尽きてません。
だけど、その中から少しだけ、自分の内側へ気持ち向けてみる。
ほんの少しだけ。
それだけの事でも、私にとっては変化です。

 

今日は架け替えワークの日。
いつも、自分中に在る自分の色々な欠片を整理したり手放したりする時間にさせてもらってる。

私が持っている尊重の気持ち、意味。
そのステージも上がる。

ふと、ネオタロットの「小さな家族を超えて」が心に浮かんだ。
上がるステージの先はそこに繋がってるのかな。

夕方、玄関を出たら夕焼けでした。

明日は晴れてくれるかな~

 

☆LINE@はじめました☆

只今、お友達登録された方限定で、
OSHO禅タロットリーディング1枚引き
∞今ここの貴方へのメッセージ∞
を、お一人様1回無料で提供させて頂いてます。
この機会に是非ご登録お願いします♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です