下準備中

梅雨本番ですね。

 

今月に入って、仕事の準備に追われて居ます。
新しい糸を買ったり、板の発注したり、備品の準備は久しぶり。

最近のデザインにはレース編みの糸がしっくり行くので、普通には販売していない糸を大きな手芸店まで調達に行く。
あれも、これも、想像してはワクワクし、そして同時にソワソワもする。

自分の出来る事を全力で私は出来てるかな。
私の講座を受けに来てくれる方達に、誠意を込めて向き合えてるかな。

そんな問いかけをずっとしてる。
ワクワクだけでは治らない、いつもの私。

 

充実した時間を過ごして欲しい。

自分を楽しんで帰って欲しい。

そうだと、私も嬉しい。

 

絶対そうしなければいけないという、コントロールの様には思ってませんが、

私の、希望や願いではあります。

 

カウンセリングやセッションでは、短い時間に集中してガッツリ精神世界に触れたやり取りになるので、
どんな話になり状態になるのか、それもその時にならないと分からないし、
どんな状態になっても、話を聴き寄り添ってサポートするにはかわりないけど、
何かを創作する時の楽しむとはまた違う、内観を一緒に進めていく楽しさと覚悟を感じさせてもらう時間です。

 

そして、設定糸掛曼荼羅は、

作品を創作するという現実的創作活動を通して、自分と向き合う時間。

外側と内側の両方の楽しみがあるから、集中して創作する工程が、出来るだけ豊かに選択できるように、心掛けて準備しています。

その作品にかける設定の、焦点を合わせて行くのをサポートするのが私の役割。
ここが私の設定糸掛曼荼羅での仕事の殆どです。
ここでは、グッと内面を見つめます。
理想の自分を観ること。そこに至るために、何が必要か。
ディスカッションを通して一緒に言葉を選んで行きます。

 

創作作業の説明が終われば、あとは皆さんそれぞれに糸を選択しながらどんどん進めていかれます。

作業中に起こる出来事や、会話の中での気づきや、その全てが、作品に設定された言葉へのサポートメッセージであり誘い。

毎回、皆さん色々と自分で起こして来られる全部に意味があり、ほんと、深いなぁと思います。

 

細かい糸の確認や後処理などをお手伝いして、講座は終了します。

 

内面のワークを、無意識に進め作品として手元に残せるのが、設定糸掛曼荼羅の強味です。

今月も、沢山の方々に体験してもらえる事がとても嬉しく幸せです。

☆LINE@はじめました☆

只今、お友達登録された方限定で
OSHO禅タロットリーディング1枚引き
∞今ここの貴方へのメッセージ∞
を、お一人様1回無料で提供させて頂いてます。

その他、LINE@限定沢山の特典あり♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です