やっと出来た

色んな人が色んな視点で私の作品を観てくれて、感覚はそれぞれで、感想を聴いているだけでもとても楽しい(^^)

一旦諦めた板が、一晩明けてくっついて、再度挑戦して、何度も糸のかけかた間違えてやり直し。一本の糸で全部の模様を掛けてると、途中で模様を間違えたらおおごと。失敗したところまで糸をほどいて戻らないといけない。何故かある程度経たないと間違いに気が付かないという、、、

苦労して、ほとんど3日かけて出来上がった作品。売り物にはならないけど、とてもいい経験になりました。

いつも作品を創る時、最初に設定を決めてから始めるんですが、この作品に限ってはその設定がまるっきり浮かばなかった。真っ白な状態で、構図だけが頭にある感じ。

そりあえず構図を外に出したかったので、 掛け始めたけど、そのうち降りてくるかなーとか思ってたら、板が割れた。

そら設定出来ないはずた。なんと!潜在意識はもう今回の出来事を知ってたという事になる。

今考えると、割れて当然やけど。4ミリ間隔で1000本以上も釘打ったら板が持たんよね。

次は素材も考えてデザイン考えないとです。

こういう微妙な板と釘のバランスの部分とかも、経験してコツコツとデータを増やしていく。

失敗は成功のもと。

今回も、苦労したけど次の作品に生かせて行けるいい経験でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です